3月の大阪場所で、初めて大相撲を観戦しました

3月に、初めて大相撲を観戦しました。大相撲大阪場所、会場は大阪府立体育館 エディオンアリーナ大阪です。
クレジットカード会社のチケット販売で、桝席A、お土産付きの席を購入しました。

初めての観戦だったので、観戦マナーやこつを事前に調べました。
・服装は、奇抜なものでなければ、カジュアルで良い。
・桝席はあまり広くないので、ゆったりとした服装、靴は脱ぎやすいもの、荷物は少なく小さい方が良い。
・会場に入ると、17時までは、1度だけ、外に出ることができる。
とのことでした。

その他、観戦後に気が付いたことを備忘録としてメモをしておきます。
・持っていけば良かったのは、お弁当の下に敷く、ランチマットです。この日はエコバッグで代用しました。また、携帯用の靴ベラも持っていけば良かったと思いました。
・親方売店や人気の相撲ガチャは1階、通常の売店は2階と3階にもあります。充実しているのは1階で、早めの時間に行かないとすぐに行列になります。早く行くのがお勧めです。
・観戦後の出口は一箇所しかなく、かなり混みます。近鉄や地下鉄の難波駅に行くには、会場前の「蔵前通り」を北側に渡る必要があります。出口近くでアナウンスもされているのですが、直接は右側(東側)に進んで信号を北に渡るのが近いのですが、人が多いので、一旦左側(西側)に進み信号を北に渡った方が早く進めます。

当日です。

当日は、送られてきたチケットを持って、13時までに指定の相撲案内所(お茶屋さん)に行ってほしいとのことでしたので、13時前に行きました。
出方さんが、お土産を持って、席まで案内してくれます。

お土産は、観戦中に食べ飲みするものも含まれており、お弁当2種類、枝豆、焼き鳥、乾きもののおつまみ、350mlの缶ビール、日本酒1合、お茶、ジュース、和菓子2種類、お皿、お弁当箱、タオルでした。
お酒とおつまみが充実しているのですが、こぼしたり、何度もトイレに行くのが嫌だったのと、取り組みを集中して見たい為、お酒は飲みませんでした。

桝席はこの様な大きさです。約1.3m四方とのことです。

お弁当です。充実しています。

 

取り組みは、三段目の終盤から観戦しました。

幕内土俵入です。

横綱照ノ富士関が休場の為、横綱土俵入を見ることはできませんでした。

宇良関と若元春関の取り組みです。

貴景勝関と錦木関の取り組みです。

最後は、弓取式です。

テレビで見ると、アップで見ることができ、解説も聞くことができますが、会場で見る取り組みは、やはり迫力があり、見応えがありました。

充実した相撲観戦ができました。

<