天王寺 「世界のワインフェスinてんしば」で、ワインとビールを飲みました

10月初旬に、「世界のワインフェスinてんしば」に行きました。

「てんしば」は、大阪の天王寺公園にある芝生の広場で、広場の周辺で、様々なイベントが定期的に開催されています。

ビールのお祭り、てんしばオクトーバーフェストに続くイベントで、ワインと共にドイツビールも揃っていました。

この様な席で、ブースで飲み物や食べ物を買って、飲み食べします。

会場からは、あべのハルカスが見えます。

ワインは、「Wine Bar Pelouse(ペルーズ)」、「Wine Bar Prato(プラート)」のブースに別れて販売していました。
ペルーズは、フランス語で芝生という意味で、フランス、スペイン、ポルトガルのワインを販売し、プラートはイタリア語で芝生という意味で、イタリア、ドイツ、オーストリアのワインを販売するという趣向です。
ビールは、
ヴァイエンステファン
マイゼル&フレンズ
ケーニッヒ・ルードヴィッヒ
醸造所・レーベルのブースに分けて出店していました。

ワインとビールの両方を飲みました。

暑い日でしたので、ビールから飲みました。

ヴァイエンステファンのトラディションです。

ヴァイエンステファンは、世界最古のビール醸造所とのことです。トラディションは会場のパンフレットには、「伝統の黒」とありました。ロースト感は強すぎず、やや酸味のある飲みやすいビールでした。

マーゼル&フレンズのソーセージ、バラエティブルスト6を注文しました。イベント会場での提供ですが、どれもおいしいソーセージでした。

マーゼル&フレンズのヴァイスオリジナル
小麦のビールです。会場パンフレットにも記載がありましたが、バナナの風味を感じるビールでした。

次に、ワインを2杯飲みました。

オーストリア ピノワール ランゲンロイスヒードラー
さっぱりとして、飲みやすいワインでした。

次に、オーストリアの白ワイン、レス グリューナー ヴェルトリーナーを飲みました。
酸味が良く、こちらも飲みやすいワインでした。

最後に、もう一度ビールを飲みました。

ヴァルシュタイナー プレミアムヴェラムです。
口当たりが良く、ピルスナーの旨味があるビールでした。

全体的に値段は高めでしたが、普段飲むことがないビールやワインを味わうことができるイベントでした。

グランフロント大阪「三重人」で昼飲みをしました

場所:グランフロント大阪 南館 7階

9月中旬、今年2022年4月にオープンした、「三重人 グランフロント大阪店」さんに行き、昼飲みをしてきました。グランフロント大阪の、南館7階のレストラン街にあります。

三重県桑名市が本社の活魚問屋さんがチェーン展開している、三重県の食材を料理して提供する居酒屋店です。11時から23時まで通し営業しているので、昼飲みがしやすいお店です。三重県の蔵元の日本酒も数多く揃っています。

ビール。

おばんざい3種盛り合わせ。枝豆のペペロンチーノ、ローストビーフ、出汁巻き卵です。

松阪牛のどて煮。
甘めの味付けで柔らかく煮込んであり、高級感のあるどて煮です。

お刺身5種盛り。鮪、鯛、かんぱち、鰹、くえです。

而今 特別純米 火入れ。やや酸味があり、旨味とのバランスが良いお酒でした。

金宮ハイボール
適度なレモンが入っていました。キンミヤ焼酎宮崎本店が、三重県の会社であることを思い出しました。

みえまぐろと青葱のカリフォルニアロール

どれもおいしくいただきました。三重県の食材を様々な料理にしていて、いろいろと食べてみたいお店でした。

<